製品紹介 /硬さの表記/ EFブランドの誕生 / ロッドコンセプト /ショッピング/ HOME / TOP

[EFブランド ロッドコンセプト]

  • 和竿と洋竿の融合  
     本当に良いアクションの釣竿はその種類の垣根を越えています。
     キス竿でライトジギング、バスロッドとしても、もちろんOKです。
     使い方は、あなた次第。

  • 1ランク上をいく強度設計 
     従来設計に比較して、強度を強くしてあります(竿が固いということではありません。)ので不意の大物にも余裕
     を持って対応できます。逆に言えば、この1本で守備範囲が広いのであまり釣竿を買い足す必要性が減るのではな
     いでしょうか。

  • アクション/強度/軽量を優先にその釣竿に最も適した継ぎ方を採用。
     最近はインロー継ぎ(スピゴットフェルールなどとも呼ばれています)が高級品だと考えている方が多いようで 
     す。 確かに、逆並継ぎ(プットオーバー)や並継ぎに比べて1つ余分なブランクを使うので、高価になるのは事
     実です。
     しかし、アクションや強度設計を考えた場合にはインロー継ぎが高級だとは言えないと考えています。

  • 2ピースやマルチピースロッドでも、出来るだけ1ピースロッドに近いアクションを
     基本的な設計で1ピースロッドをマルチピースロッドとして作る場合には、出来るだけ1ピースロッドに近いアク
     ションが出来るように細心の注意を払いながら設計しています。
    (マルチピースロッドの場合には前後でわざと曲がりや硬さの乗り方を変えて作る場合があります。いわゆるそ
     の釣竿に合ったアクションを出す為です。)

  • 同一ブランクでも多彩なデザイン。
     和竿と洋竿の融合/1ランク上を行く強度設計のため、1本の竿でも色々な使われ方が考えられます。
     そこで、同一ブランクに対して多彩なデザインを供給させて頂くことにしました。

  • 長さ表示はルアーマンにもわかりやすいよう、フィート表示を採用。
     和竿にこだわれば、尺表示、ルアーやソルトにこだわればフィート表示。しかし、10フィートと10尺の差はたった
     の18mmなのでフィート表示にさせていただきました。
     しかし、6’00”基準ですが、他の長さは訳あって変型フィートインチになる予定です。
     例)6’10”・5’3”など
     
(c)2005 F Richards All rights reserved