<釣竿の製作>


釣竿の塗装方法にもいろいろあるが、もっとも基本となるのが
「シゴキ塗装」と呼ばれる塗装方法。1ないし2枚の板ゴムを使用するだけで原理はいたって簡単だが、納得のいく仕上がりになるまでにはかなりの熟練が必要。
「シゴキ塗装」が行われる様になったのは30〜40年位前から。この塗装方法はゴルフシャフトにも利用されている。
このほかに吹付け塗装・刷毛塗り塗装・蒸着塗装などがある。

下の写真はシゴキ塗装の一連の流れ

1 2 3
「いち・にー・のさん」簡単そうです・・・・。実はシンプルな行程ほど熟練を要するのです。

//BACK