<お客様とテスターの声>
 EFブランドのロッドをご使用頂いたお客様に御使用後の感想を書いてもらいました。
 よろしかったら、御使用後のご感想、写真などinfo@turizao.comまでお寄せ下さい。ホームページに記載させて頂きます。協力して頂いた皆様ありがとうございます!
釣り人 戸祭兄弟さん(神奈川県厚木市在住)
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル LO-01、零弐
釣り場 平塚沖 2005/6/19
釣果 キス
感想 天気も良く波も穏やかでしたが、かなり風が強くてちょっとだけ苦戦をしました。さて、お借りした竿の評価ですが、当然良いところが多いのはあたりまえですけど、あえて辛口に言いま
すと、私の釣り(相模湾と東京湾メイン)でキス竿というジャンルではちょっとパワーが強い
感があります。水深10〜25mくらいをメインに探りますので、オモリは10〜20号で
15号をメインに使います。アタリは敏感に伝わりますが、こちらからうまくアワセないと
フッキングさせられないのです。この竿の最適負荷は25号くらいなのでは?
魚を掛けてからのリーリング中に「アレ?バレたかな?」と、リールを巻く手を止めることも
しばしば・・・20cm以下のキスですと引き味が今少しほしいところです。
負荷が10〜15号表示くらいの竿ですと食い込みが良く、向こうアワセに頼れるますが、貴社の竿は穂先もいい感じに入るのですが少し張りがあり、はじいてしまうのでまずこちらから
アタリを判断してアワセてやらないと釣果が上がりませんでした。これが釣りの楽しさ、そして玄人好みなのかと判断しました!そして良い部分は、対象魚種に合わせて竿を沢山揃えない
といけない私たちにとって、こういうオールラウンドに使えるコンセプトの竿は大歓迎です。
先にもふれたとおりアタリもとりやすいですし、投げるときうまく胴に重さが乗るので良く
飛びます。船からはアンダースローを余儀なくされるで、これは大きなアドバンテージですね。また私は、0.6〜0.8号という極細PEラインを使いますが、DB&ローライダーガイドでトラブルも一切ありませんでした。
今回、サバが釣れないかと1ozクラスのジグも巻きまくりましたが、なかなか良かったです。
1人40〜50匹の釣果を得ることができました。ハモノ狙いは不発でしたが、大変楽しい1日でした。
写真
釣り人 服部善郎 名人(神奈川県茅ヶ崎市在住)
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル 零弐
釣り場 平塚沖 2005/6/12
釣果 黒鯛
感想 アジやイサキが断え間なく竿を絞り込む。シャクリ上げた竿が「グッ」又あジか・・・。いや違う。この重々しい突っ込み。Fリチャーズの602L4-A「零弐」が大きくしなり、リールのスプーンが逆転してラインがとび出てゆく。大物だ。
相模湾平塚沖のライトタックル ウィリー シャクリ。リーダーは1.2号。少しのミスもリーダーブレークにつながる。アングラーとロッドが一体となって引きに耐える。「零弐」が極限までしなる。日本刀の柄のようなグリップが手に吸い付くように馴染み、水平に保った竿がジワジワと反発、魚を浮かす。ホットな五分近い攻防の末、浮上したのは2.3キロのクロダイ!!一見、華奢なイメージの零弐だが秘めたポテンシャルの大きさを見事に証明してくれた。
写真
釣り人 関さん(東京都在住)/小売店店長
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル LO-01
釣り宿 亀有 聡丸 2005/5/4
釣果 シロギス
感想 片テンビン 2本針 15〜20号
当日は南西強く、魚の喰いも悪い為、少ない小さなアタリを確実に取れるかどうかが釣果を左右した。当然、使用するタックルによって大きく差が出る結果となった。今回は新製品であるLOCOの仕様感を試す事と私がプロデュースしている仕掛けの試釣を目的として出漁した。まずLOCOについて・・・一言で表現すれば釣り人に大きな満足感と快適さを与える竿と言える。私は仕事柄、日々多種多様な釣竿に囲まれており、個人的にもキス釣りは好きな種目の一つとして数多くの竿を所有、実釣してきたがかつて無い満足感を得た。当初、ライト系のオールラウンダーロッドの為、キス専用としては、やや張りがありすぎると思った為、リールの糸には、伸びを抑えたナイロン2.5号を組み合わせた。第一段階でまず実感したのは飛びの良さ。同時にS社の名品といわれるキス竿と投げ比べてみたが、約10〜15%は飛距離に差が出た。ストレス無く美しく飛んで行く様は美しさを感じた。又、感度についても今までに無い感覚にビックリした。我々のイメージとしてはキス竿とは従来より極細のソフトな穂先を持って最良としてきたが、LOCOの決してそうとは言えないテップが当日の渋い当たりを見事にとらえた。キスは通常より高めのタナを泳いでいたので、一般的な「ブルブル」アタリでは無く、「クン」アタリに終始したが、この小さな一瞬の「クン」を見事に取った。南西強く、通常のテップではブレてしまい、アタリを見逃す事が多かったがLOCOのやや太めのしっかりとしたそれが幸いしたようだ。魚をかけてからは、外見には張りがあるように思えるボディーが大きさに合わせて美しく曲がり視覚的にも釣り味的にも十分に満足できるものであった。
釣り人 伊井 泰洋さん(神奈川県在住)
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル LO-01
釣り場 相模湾 2005/4/30 (随時、釣行記事をHPで連載しています!)
釣果 シロギス
感想 実釣第一弾は、やはりキス釣りでしょうということで相模湾へ。最初に触った時は「穂先がかたいな」というのが第一印象。キス釣りにおいてLOCO最大のメリットは感度の良さだと思います。アタリを穂先を見てとるのではなく、手元にシッカリと伝わってくる魚信を見逃さずにキャッチする事が可能な感度の良さがあります。さて、この日に乗せてもらったのは茅ヶ崎の一俊丸。マダイではよくお世話になっている船宿です。アミエビ餌、船下狙い、仕掛を浮かせての誘いというのはちょうど感度の良い竿のテストにはぴったりでLO-01にマッチした釣り方のひとつであることは間違いないでしょう。LO-01にはもう一つメリットがありました。それはキャスト性能の良さ。スナップを効かせて遠投するときの竿の能力は抜群。飛距離もつけやすいし、コントロールしやすいです。魚をかけた時の安定感も○。20cmオーバーのキスだとドキリという引きをみせてくれますが、この竿の場合引きに応じてスムースに曲がってくれるんで安定感があります。終わってみれば68尾(うち20cm〜は11尾)。
(伊井さんのホームページ「沖釣りと包丁のページ」http://www21.cds.ne.jp/~calm/から一部抜粋)LO-01での色んな種類の釣行記事を書いて頂いています!
写真
釣り人 鈴木 康弘さん(千葉県在住)
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル 零弐
釣り場 中の瀬 2005/4/23
釣果 キス
感想 1.8m 2本継 錘20号 ハリス0.8 仕掛けは吉野やオリジナル・ハリ7号 2本針
竿の調子は小さな当たりまで、正確にキャッチ!水深15〜20mの深さで「キスの小さな当たり」を20号の錘でも他のキス竿より正確に食い込みがわかる。投げやすく、海底からの小さな当たりも見事に伝えた。
写真
釣り人 横浜 修一さん(東京都葛飾区在住)
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル 零弐 キス1.8m×2本継
釣り場 中の瀬 2005/4/23
釣果 キス
感想 仕掛 オーナーキス競技用 ヒネリ7号 2本針
竿の調子は今まで使ったキス竿ではランクA。調子は軽い、投げやすい、小さなアタリをそのままで正確に取れる。投げやすい!
釣り人 関川 弘さん(東京都足立区在住)
ブランクモデル F3.5 602 L4-A
デザインモデル 零弐 キス1.8m×2本継
釣り場 中の瀬 2005/4/23
釣果 キス
感想 仕掛 オリジナル関川式 ヒネリ7号 2本針
錘20号を使用して投げてみたが、とても投げやすくて調子が良く25号ぐらいまでは使用しても良い調子です。小さいメゴチ、ピンギスの当たりまで正確な当たりが出るし、竿じたい軽い。
close